楽しいは世界をつなぐ~KENDAMA~

[放送日時] 8月25日(土)ごぜん9:30~

 
けん玉のワールドカップが、発祥の地と言われる広島県廿日市市で7月に開催され信州の有力選手を含め各国から400人が参加、華麗な演技を披露し2日間で約5万人という観客を魅了した。
 
その大会の仕掛け人は、松本市在住の窪田保さん。
彼はこれまで国内外でけん玉の普及活動を行ってきた。
 
一方で、集中力のアップなどを目的に五輪金メダリストの柔道家古賀稔彦さんの道場や県内の少年野球チームでもけん玉を練習に取り入れていた。
 
その効果を科学的に解明しようという動きも。
 
海外でも人気の”KENDAMA”の魅力を信州から発信する窪田さんの活動を中心に、未来への可能性を探る。