プラス4℃の世界 ~温暖化ドミノの波紋~

[放送日時] 11月25日(土)ごぜん9:30~

 
気候変動による私たちの未来はどうなるのか?
信州の温暖化を検証するシリーズ「プラス4℃の世界」。
4月に放送した「秋・冬編」に続く「春・夏編」をお送りする。
 
都市部で発生する「ヒートアイランド現象」は今後どうなるのか?
この夏、長野市の熱環境を信州大学工学部とテレビ信州による合同調査を行った。
ヘリを使い上空からの調査で見えてきた対策はどのようなものなのか?
 
世界でも評価が高い信州のワイン。
その原料となるワイン用ブドウが温暖化の影響を受けている。
気温上昇によってワインに大切な酸度と糖度のバランスが崩れはじめた。
品質を守るため将来に向けた対策が進みつつある。
 
出荷量日本一の信州のレタスも例外ではない。
急な豪雨や干ばつによる被害や、暑さによって球にならない不結球のレタスが目立つようになってきた。
 
温暖化による影響がドミノ倒しの様に連鎖して行き、思わぬところに波紋が広がる。
現在の県内の現状を通して、将来への課題を探る。